化粧品トライアルNAVI

飲む育毛剤とは

育毛剤の中で、比較的最近になって開発されたものに飲む育毛剤があります。

育毛を頭皮の外側から改善するのではなく、身体の内側から支えようとする役剤で、代表的な飲む育毛剤にはプロペシアがあります。

プロペシアはアメリカのFDA(アメリカ食品医療品局)の認可を受けた数少ない育毛剤で、評判も高く、非常に人気があります。

プロペシアなどの飲む育毛剤が育毛を促すメカニズムは少々複雑なものです。

まずプロペシアが有効となるのは男性型脱毛症と呼ばれるタイプに限られています。

このタイプの脱毛症は男性ホルモンとして良く知られているテストステロンが5α-リダクターゼと呼ばれる酵素の一種の影響で、ジヒドロテストステロン(DHT)というホルモンに形を変え、このジヒドロテルトステロンが、発毛の中心となる、毛母細胞の働きを弱めるようなタンパク質が作ることにより起ります。

そこで飲むタイプの育毛剤ではフィナステリドと呼ばれる成分によって5α-リダクターゼの作用をおさえ、発毛を邪魔するジヒドロテストステロンが増えるのを防ぎます。

こうした飲む育毛剤は、日本でも2005年に厚生労働省の認可を取得しており一般の人も購入できるようになりました。

しかし飲む育毛剤にはこのメカニズムに着目して製造されたものもありますので、飲むタイプの育毛剤のすべてが同じような効果を発揮するわけではありませんから注意が必要です。

またプロペシアなどの飲む育毛剤は男性にしか効果が無く、女性の使用は固く禁止されています。