化粧品トライアルNAVI

米ドルの特徴は?

世界で最も流通量が多い通貨として知られている米ドルは、アメリカが発行している通貨として知られています。

アメリカが発行している米ドルは世界中のあらゆるエリアで流通しているため、アメリカドルが下落すると世界中の国に大きな影響を与えてしまうという特徴があります。

米ドルを発行しているアメリカの経済を見てみると、意外な点に気づくかもしれません。

アメリカは先進国で自由経済大国としても知られていますが、対外貿易は大きな赤字ですし、国内の財政も大きな赤字。

つまり、赤字まみれの経済状態。

そんなアメリカが発行している米ドルはなぜ安定しているのでしょうか?

アメリカドルは世界中で流通されています。

そのため、諸外国にとってもアメリカドルが下落する事はその国にとって損失につながることが大きく、コストがかかってもアメリカドルをささえた方がメリットになるようです。

最近ではアメリカの経済破綻の影響によって、世界中の国で米ドル離れも始まっているようです。

そのため、今すぐに米ドルの安定が失われてしまうということはありませんが、これから5年後10年後には米ドルはもしかしたら、現在ほどの安定は保つ事ができないかもしれませんね。

現在ではアメリカドルはその他の海外通貨の仲介的な役割もしています。

例えば日本円からユーロへ換金する場合、日本円から直接ユーロではなく、日本円からアメリカドルへ換金し、そこからユーロへ換金される事も多いようです。

マイナー通貨の場合には特にこの傾向が強いようです。

そのため、米ドルは他の通貨に対しても影響力があるといえますね。